予防接種手続きデジタル化サービス|e-VACCINE

e-VACCINE(イーワクチン)

e-VACCINEは、予防接種 予診票を含む事務手続きをデジタル化するサービスです。

スマートフォン・タブレット・PCを使用し、デジタル予診票の入力・署名や予防接種記録の確認ができます。
自治体・医療機関・保護者の三者間で連携することで、業務の効率化を図り、各者の負担を軽減します。





e-VACCINEで、できること


予防接種予診票のデジタル化

デジタル予診票を使用し、オンライン上でいつでもどこでも入力が可能となります。記入の手間を省き、予防接種記録の確認・管理が便利になります。

予防接種記録の即時反映

予防接種記録をリアルタイムで反映し、接種間隔ミスなどの事故を防ぎ、自治体から未接種者へ迅速なフォローアップが可能となります。

スムーズな請求手続き

手入力作業や紙書類の保管・管理、郵送手続きが不要となり、自治体・医療機関双方の業務効率化に繋がります。



利用者の声



実証実験プロジェクトの参加者より、たくさんのお声をいただいております。

自治体


・接種後の予診票をタイムリーに確認できて便利!

・1つのシステムで医療機関と連動しているので接種漏れを防ぐことができる!

医療機関


・紙の予診票のようなレイアウトで見れるので、扱いやすい!

・いつも時間がかかっていた集計の手間がなくなり、業務効率化につながった!

保護者


・スムーズに入力ができたので、早く正式導入して欲しい!

・項目が紙の予診票と同じのため、わかりやすかった。



お問合せ




予防接種手続きや予診票のデジタル化でお困りの行政ご担当者・保健師の方は、お気軽にご連絡ください。

・ 個別説明会やデモンストレーションの実施など、ご要望にあわせて対応いたします。
・ 当社では、自治体DXの推進に関するご相談なども幅広くお受けしております。